地デジアンテナ工事で室内快適化│電気工事マスター

家庭

地上波デジタル

ワーカー

従来のアナログ放送では、放送電波に雑音や映像音声の劣化が発生していた。テレビ放送は、2011年7月24日より一部地域を除いた全国が、アナログ放送から地上波デジタル放送に移行した。

View Detail

省エネを意識する

部屋

現代では世界中で省エネが意識されている時代である。省エネは、同じ効果の出る作業をより少ないエネルギーで行う事をいう。近年住宅を省エネ化させるリフォームが注目されており、代表的なのが太陽光発電だ。

View Detail

室内を暖かくする

メンズ

寒い冬は室内でも少し冷えるものだ。極寒地域では、特に床暖房を導入している家庭も少なくないだろう。電気式床暖房の場合、電気工事も簡単に行なうことができるうえ、劣化しにくいので長期に渡って利用することができるのだ。

View Detail

家庭内の工事

笑い顔

電気工事を知ろう

電気工事とは、建築工事の中の一つである。発電所で起こされた電気は、変電所を経由して住居に送られる。変電所とは、発電所から送られた電気を家庭用に使用できる状態に直す施設の事である。この電気を送る線路は配送電線と呼ばれ、配送電線の設置も電気工事の一種である。また、電気は電柱と住居を引き込み線を使って電気を送っている。この電柱と住居を繋ぐ引き込み線の設置も、電気工事の一種である。そして、地上デジタル放送を見る為には地デジアンテナ工事を行わなければならない。この工事も、電気工事の一種に含まれる。現在は地デジでテレビを見るのが一般的となっているので、ほとんどの家庭で地デジアンテナ工事は行われた。

電気工事士

一般住宅・工場などの電気設備の工事は、一定の資格を持つ者でなければ工事を行ってはならない。この資格を持つ者を、「電気工事士」というのである。電気工事士の資格は、第一種と第二種の2種類にわかれている。第二種とは、一般住宅などの電気工事をする事が可能である。一般住宅は、電気を600ボルト以下で受電している。第二種では、600ボルト以下で受電している全ての設備の工事ができる。そして、第一種は第二種の範囲と500キロワット未満の施設の工事が可能である。

住居

住居内で扱う電気部分にも、交換工事をするには資格が必要である。例えば、家庭で扱うブレーカーやコンセントの交換は、第二種の資格を持っていないと交換工事をする事はできない。法律では電気工作物の設置と変更は無資格者でも許されているが、それは電球の交換といった軽度なものである。コンセントやブレーカの交換は電気の配線に触れて行う。したがって、軽度な工事には含まれないので資格が必要になるのである。

Copyright© 2016 地デジアンテナ工事で室内快適化│電気工事マスターAll Rights Reserved.