地デジアンテナ工事で室内快適化│電気工事マスター

現場作業員

地上波デジタル

ワーカー

現在のテレビ

地上波デジタル放送に移行する事により、テレビ放送の画質と機能の向上を得る事ができる。また、地上波デジタル放送に移行する事は国によって定められたのである。地上波デジタル放送を受信するには、地デジアンテナ工事という電気工事を行わなければ受信する事ができない。または、有料のケーブルテレビに加入する事により地上波デジタル放送を受信する事ができる。

方法を知ろう

地上波デジタル放送は、デジタル放送を受信するデジタルテレビが必要である。また、アナログ放送を受信していたVHFアンテナでは、地上波デジタル放送を受信する事ができない。地上波デジタル放送を受信するには、UHFアンテナに変更する「地デジアンテナ工事」を行う必要がある。アンテナを設置する地デジアンテナ工事は、電気工事・アンテナ設置業者に依頼する事で行える。地デジ対応ケーブルテレビに加入する事で、地上波デジタル放送を観覧する事もできる。この場合は、地デジアンテナ工事をせずにデジタル放送を受信する事が可能である。また、ケーブルテレビに加入すると地デジの他に、BS/CS放送の観覧、インターネット、固定電話のサービスも受ける事ができる。

特徴をチェック

従来のアナログ放送では、ビルなどの高い建物の影響により電波が反射する現象も起きていた。その為、ゴーストと呼ばれる画像の乱れが発生する事もあった。地上波デジタル放送に切り替える事により、アナログ時代の映像音声の劣化とゴーストは解消されたのである。また、地上波デジタル放送はデータである。データで放送する為、アナログ放送時代に行えなかったテレビの操作が可能である。例えば、デジタル放送ではテレビ局と視聴者がデジタルデータを利用して情報のやり取りを行う事ができる。アナログ放送時代は、視聴者がテレビ番組に参加するにはFAXやハガキが一般的に利用をされていた。したがって、視聴者が参加をしてもリアルタイムに反映はされる事はなかった。データを送受信する事ができるデジタル放送ならば、テレビを通信機器として利用する事ができる。したがって、クイズ番組や番組への投票をリモコン操作で行い、視聴しながらリアルタイムで番組に参加する事が可能になったのである。

Copyright© 2016 地デジアンテナ工事で室内快適化│電気工事マスターAll Rights Reserved.