地デジアンテナ工事で室内快適化│電気工事マスター

現場作業員

省エネを意識する

部屋

温暖化が加速

地球温暖化が叫ばれている今、少しでもエネルギーの使用量を抑える事が重視されている。なぜなら、エネルギーを使った後には二酸化炭素や温室効果ガスが発生してしまい、これが地球温暖化の直接的原因であるからである。近年温暖化対策の1つとして太陽光発電の開発が進んでいる。これは太陽の力を使って発電するので二酸化炭素発生の原因になる化石燃料が必要とならないからである。

リフォームで省エネ住宅

省エネリフォームは、建物の熱コントロールを効率的にする事で冷暖房の使用頻度を激減させる事を目的としている。そのメリットは、電気代の削減、綺麗な空気を保つ事ができる、建物自体の耐久性の向上などがある。省エネ住宅は、従来の化石燃料を極力使わないようにされている。その代わりに太陽熱や地中熱など自然本来のエネルギーが使われている。

太陽光発電システム

太陽光発電とは、発電方法の一つである。発電には、火力や水力、原子力などのエネルギーが必要となる。この、発電のためのエネルギーを太陽光から得ることでCO2の排出を抑制し、環境保全を進めることができる。太陽光は晴天であれば日中は常に地上に注ぎ、曇天または雨天であってもある程度の光量が確保されている。かつ、自然のものであるためエネルギーの発生に人の手を用いない。これらの点から、エコロジーな発電方法として注目されている。

家庭で導入

一つの家庭で使用する電力を太陽光発電でまかなうことが、現在広く行われている。オール電化が普及したことで、より効率がよく、かつ環境破壊に繋がらない発電方法として各家庭での太陽光発電もまた普及した。電気工事を行い、住宅の屋根に太陽光発電パネルを設置して屋内の各設備に電力の供給を行う。日中は自家発電で屋内の電力をまかない、夜間は電力会社から従来通りに電気を購入する。消費しきれなかった余剰電力は電力会社に売却することができるため、売却と購入を差し引きすることで光熱費を抑えられるシステムである。オール電化によっても光熱費の削減が行えるため、これらを併用するケースが増加している。

Copyright© 2016 地デジアンテナ工事で室内快適化│電気工事マスターAll Rights Reserved.